スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
平等の大切さ
本当に辛い気持ち、っていうのは私の中で滅多に芽生えない貴重な気持ちなんで、
忘れないようにちゃんと日記として残しておこうかと思います。

ちなみに恋愛話。ものすごくつまんないです。
人の恋愛話ほどつまらないものはないですよね。
それはお前がモテないからだって?(⌒,_ゝ⌒)<図星をいうんじゃないコラ








おとといきっちりと彼氏に別れを告げてきました。
胸が痛いって、こういうことなのか、とハッキリ実感できるほど辛いものでした。

別れの理由は、罪悪感。

彼氏とはまぁ年が離れてて、それでまぁまぁ家も遠くて、遊びに行くには不便だなと感じる距離でした。
遠距離とも言い難いですが、私の地元まで1時間強くらい。ちょっと不便。

そして私は車の免許を持っておらず、いつも迎えに来てもらってました。

彼氏は社会人で、仕事も忙しく、いつも朝から日が変わる寸前まで働いていることは知っていました。
土曜日も結構な頻度で仕事があるらしく、かなり疲れているだろう。

それでも、私の行きたいとことかやりたいこととか文句言わずにのってくれて、
1言でいえば優しすぎる人でした。

そんな人に、私は往復3時間の距離を移動させてるのか?と思うと、ものすごく罪悪感がありました。

罪悪感を感じていたので、これは彼を楽しませなければいかん!と思うと死ぬほど疲れました。
彼は口下手で、私が話題を振らないとあまりしゃべらないような人でした。
でも、私もどちらかといえば口下手で、自分からしゃべるのが特に苦手。
おしゃべりな友人と家族が周りにいるせいか、
話を聞いて相槌したり突っ込みいれたり話を広げるのが得意で、それに自分も慣れきっていました。

そんな私が毎回話題を提供するのは心が折れました。
しかも、話題を振って2~3言で話題を終了することも多く、次の話題を作るのに必死でした。

彼は黙ってても苦にならない。というタイプで、私もどちらかといえばそっちなのですが、時と場合によります。

部屋で漫画読むとか、ゲームしてるとか、お互い作業してるとか、数人いてしゃべってるのを聞いてるとか
そういう時は黙ってても全く苦にならないですが、

2人っきりでデートしてんのに沈黙って…ドライブで沈黙って…

と気になる部分が多く、ますます心が疲れてしまうのでした。

あとは、お金の罪悪感。

年上で社会人ということで「俺が出すのが当たり前」という感じで、いつも奢ってもらっていました。
「ワリカンにしよう?いや、ほんと悪いから…」というのも通らず、罪悪感は増していきました。

この「男が奢るのが当たり前」みたいな風潮。なんなんですかね?

男になったことがないので分かりませんが、私が男なら恐らく奢りませんね。
特に「奢られるのが当たり前」と思っている女なんか見たら、死んでも奢りたくないと思います。
でも、けっこうこの手の人多いよね…男の人はもっと怒っても良いと思う。

私のお金に対する価値観は、
「自分のお金は自分のためだけに使う。だから人のお金はその人のために使ってほしい」
という考えなので、奢り奢られはハッキリ言ってあまり好きではない。

金が全て!とはさすがに思いませんが、カイジの
「金は命より重い」はマジだと思います。

だから、お金の貸し借りなんてマジでしたくない。奢り奢られもできればしたくない。
お金ってマジで最悪なトラブルの元だし。


奢ってもらって嬉しい!という喜びよりも
うわぁ…申し訳ない…;;と思う罪悪感の方が圧倒的に強く、いろいろと限界でした。


人付き合いにおいて、「平等」が円満のコツだとよく言いますが、マジでそうだと実感しました。

今回、圧倒的に得をしている方ですが、得とセットになってる罪悪感がもう耐えられない。
私が何か相手にメリットになることが出来ればよかったのですが、出来ない。

1番可愛そうなのは損をしている彼ですね。私ばっかり辛いとか…すいません。

その全てを話し、別れを告げた時、

彼が「悩ませて本当にごめんね。まだ付き合いたいっていったら困るよね?」

と何故か逆に謝ったことが今でもグッサリと心に刺さっています。
バイト初日でグラス5つ割った日ですら泣かなかった私が、思いっきり泣いてしまうほど辛い言葉でした。

てか、ほんとになんで謝った…。ほんとうにやめてくれ…。

まだ「金返せ!クソが!」とか言われたほうが辛くなかったな…。


今でも逃がした魚がでかすぎる気はしますが、逃がせて良かったなぁと思います。
もっと吊りあうような素敵な人と幸せになってほしいなぁと。

恋愛話とかは読んでて最高につまらないので今まで書かなかったのですが、(ふられ話やおもしろ話は別)
今回は2度とこういう失敗をしないように、辛い気持ちを忘れないように書きました。
意外と日記って、こういう時役に立つ。

てか、これ本当に見ててつまらんよね。すいません。

しばらく付き合う気は起こりませんが…
うん。今度があったらちゃんと幸せになれるか考えて付き合おう。























別窓 | 落ち込み時 注意 | トラックバック:0
201108151130
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| アヒルとお茶を。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。