スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
中傷する人ってなんなの・・・
原発、そうとうヤバイことになってますね・・・
それにしても東電中傷してるやつってなんなの
募金ぐらいはしたの?

確かにチェックの怠りや人災ともとれる行動はしている。
だけど今命がけで何とかしようとしている。
原子炉で作業することは、とんでもなく怖いことだ。
それを何にもせず、出来ず傍観している身の者が中傷できる立場じゃない。
ただ爆発だけは何としても避けて欲しい。
1つでも爆発したら日本オワタどころじゃない、世界が終わる。

想像しただけでも怖い。関西でも怖い。
あっちのほうに住んでる人はどんなに怖いんだろう。
本当に気の毒で仕方がないです。

原子力の怖さを改めて思い知った。
便利なものの裏側には必ずリスクがある

何がまずいって
原子力に依存しまくって原子力なしの生活が不可能なくらい便利な暮らしに慣れていること。

これから必ず原子力の反対運動が起こるけど、今までの便利な暮らしを捨てられるか考えてみてほしい。

今までの幸せな暮らしを支えてくれた原子力、電力会社の社員。
こういう事態が起きたからって手のひら返したように中傷し出すのは卑怯だと思う。


MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説
専門家でも何でもないので本当かどうかはわからないけれど、要約すると
「今までそしてこれからも深刻な放射能物質の漏洩は決して起こらない。原発は、すべての最悪の事象に対して対応できるように設計されている。今回のようなバックアップの電源が全滅するというような事象でさえ想定の中に入っていてちゃんと処理できるようになっている。環境に与える問題も最低レベルのもの。」
文章は最後こうしめくくられている。
「炉心溶融が進む最悪のシナリオを通ったとしても、環境中への影響は極めて限定的に封じ込められることに留意して欲しい。40年前に建築された原子力発電所が、想定基準値をはるかに超えるM9.0という地震に遭遇し、その中で機能不全に陥りながらも最後の一線を超えないように現場の方々の不眠不休の努力が続けられている。そんな中で、根拠なく不安を煽り立てるような言説を流すことは、彼らへの冒涜であるばかりか、無用な社会混乱を引き起こし、不測の事態を誘発しかねない。正しい情報を正しく理解して、必要な行動をとるようにしたい。」
だそうだ。この情報が本当なら少し安心できる。

とりあえず今は原子炉が落ちつくのを祈るしかない


すぷー?ってあのすぷーさんですか

まさか見てくれてるなんてww
こんな2年近く止まったブログよく見つけてくれました
ありがとう(*^∀^*)

鬱々しい日記だから読んでて楽しくないと思うけど、暇だったら読んだり、アドバイス下さい

てかまじで何でこの日記バレたのか教えてほしいw
別窓 | まじめに。 | コメント:2 | トラックバック:0
201103151902
<<ながーーーーーーーーーーい後悔日記 | アヒルとお茶を。 | 地震>>
この記事のコメント
 
管理人のみ閲覧できます
201103160048
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-16 Wed | | #[ 内容変更]

 
201103180011
ふふふ、暇人だからこそなせる業で見つけたのさ・・・!どやぁ(´⊙◞⊱◟⊙`)

鬱々しい日記だなんて、昔のくだらない日記に比べればそんなことないよ^^

これから石油とか温暖化のために火力発電の代わりに原子力が一番考えられていたのに、今回の件でどうなることやら・・・ただ俺は・・・


東電の社長の顔が見てみたいですww
2011-03-18 Fri | URL | S~Pぅ~ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| アヒルとお茶を。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。